創業昭和元年 手打そば 今野屋公式ホームページ|宮城県登米市

創業昭和元年 手打そば 今野屋|宮城県登米市
0220-52-2315
ホーム > 新着情報 > 店長ブログ > 蕎麦の食べ方

蕎麦の食べ方

 

 

 

最近、特に女性の方で蕎麦を食べるとき、

音を出さないで食べる方を見かけます。

 

私としては、

もっと遠慮なくズズーっとすすればいいのに

と思うのですが、、

 

こればっかりはいちいち言えません。

だって食べ方なんて自由ですから。

 

でも、蕎麦に関しては、

やっぱり音を出して食べたほうが旨い。

 

これには私の勝手な持論があります。

 

例えば「ざるそば」。

 

ざるそばっていうのはご存知のとおり、

蕎麦ちょこの中に汁があり、

その汁に付けて食べますよね。

 

その汁っていうのは油とか使ってないので、

汁につけてさっと食べないと蕎麦に汁がまとわり付かないので、

美味しくないと思うのです。

 

さっと食べるには、どーしても音が出ちゃうのです。

 

パスタのようにオリーブオイルとか

トマトソースのように

こってりまとわりつくなら音を出さずに食べれますよね。

 

ちなみに、蕎麦を汁に付け、

持ち上げて10秒後に食べたらどうでしょうか。

 

「イマイチ」です。

 

でもソースのまとわりついたパスタなら、

それほどの差っていうのはあまり感じられないと思います。

 

 

蕎麦っていう奴は素朴なくせに気難しいのです。

 

それと蕎麦ちょこを持って食べた方が、

格好いい。

 

洋食は音を出し、器を持って食べたらマナー違反ですが、

蕎麦は持って食べ、音を出してがマナーです。

 

なんだかんだお説教じみたことを言って申し訳ございません。

 

ただ、最近、食べ方までが洋食ナイズされてしまうのが心配なだけなので、

 

悪く思わないで下さいね( ;∀;)

 

 

************************
宮城県登米市
創業昭和元年 手打そば 今野屋

https://www.tome-soba.com/
************************

 

 

 

 

 

 

 

 

シェア
< 前の記事     一覧へ     後の記事 >

© 創業昭和元年 手打そば 今野屋

pagetop