創業昭和元年 手打そば 今野屋公式ホームページ|宮城県登米市

創業昭和元年 手打そば 今野屋|宮城県登米市
0220-52-2315
ホーム > 新着情報 > 店長ブログ > 宮本武蔵の五輪書がそば屋にも役立つかも!?

宮本武蔵の五輪書がそば屋にも役立つかも!?

こんにちは。

登米市の手打そば今野屋の店長です。

 

本日は1月14日ということで、

あっという間にどんと祭ですね~

 

さて今回のブログでは、

宮本武蔵の五輪書がそば屋の仕事にも

多いに役立つといううことを

お話したいと思います。

 

何の役に立つかといえば、

そば屋はなるべくお客さんからから頂いた注文を

なるべく早くお出ししていかなければならないので、

 

忙しくなってくると皿を割ったり、

お茶をこぼしたりなど粗相をしてしまうことがあります。

 

しかし、

そういう事を少しでも回避できることが

五輪書に書いてあります。

 

それは、

「身体が忙しくても心まで忙しくしてはいけない」

「心は忙しくても身体まで忙しくしてはいけない」

というような内容です。

 

忙しく慌てているとどうしても心も身体も

バタバタしがちですが、

武蔵はこれではいい仕事はできないと言ってます。

 

私のような未熟者には至難の業です(-_-;)

 

また武蔵は、「木を見て森を見ず」的な事も言っています。

 

戦うときに、

相手の刀の刃先だけを見てはならないと言ってます。

刃先ではなく、手の動きを見るべきだと。

そうすることによって相手の動きが見えてくると。

 

要は客観的な洞察力が肝要ということではないかと思います。

 

有名な二刀流は、

左手の持つ刀で森を見て、

右手で持つ刀で木を見るということなのかと

自分なりに推察しています。

 

そば屋の仕事も自分の持ち場だけでなく、

一緒に働いている人の動きを見ながらやらないと、

上手くいきません。

 

今年は武蔵の兵法を参考にして、

冷静になり、

五感を働かせ、

おいしい蕎麦をお出ししていくつもりですので

どうぞよろしくお願い致します。

 

登米市 手打そば 今野屋

 

 

 

 

 

 

シェア
< 前の記事     一覧へ    

© 創業昭和元年 手打そば 今野屋

pagetop