創業昭和元年 手打そば 今野屋公式ホームページ|宮城県登米市

創業昭和元年 手打そば 今野屋|宮城県登米市
0220-52-2315
ホーム > 新着情報 > 店長ブログ > そば屋の現在過去未来

そば屋の現在過去未来

こんにちは。

宮城県登米市の手打そば今野屋の店長です。

 

インターネットの時代になり20年くらいになるのでしょうか。

早いものですねぇ。

今の若者はうらやましい限りです。

 

だって、調べ物はネットでググれば一発ヒットするし、

動画で「掛け算の方法」なんて検索すれば

先生っぽい人が出てきて教えてくれる。

しかも何回でも再生できるし。

 

もし自分がこの時代に生まれてたら、

学校に行かないんじゃないかなんて思ったりもする。

 

振り返ると遊んでばかりの小学校時代だったし、

分数の計算を覚えたのは中学校の入学前の小6の冬休みになってから。

しかも独学で。

塾なんてなかったしね。

 

本屋に行って参考書を買ってきて、

家で、あーでもないこーでもないと孤軍奮闘しながら何とか覚えたぐらいだ。

あの時は先生に教えてもらいたくても恥ずかしくて言えなかった。

 

両親は、「算数なんか分かんなくてもそば屋は出来るんだよ」なんていつも言ってたから、

「そば屋を継ぐなら俺もなんとか生きていけるかな」なんて楽観的になってた気がする。

 

確かに今現在、私の仕事においては、

足し算引き算、掛け算割り算さえできれば問題ない。

小学校の頃も、「それ以外の算数って意味あるのかな」なんて薄々感じてはいたね。

 

 

これからはAIの技術が進歩して、

半分以上の仕事がAIに取って代わられるという。

そこそこの人間の能力ならAIが代わりにやるってわけだ。

 

コンビニも無人化になるようだし、

タクシーなんかも自動運転になり山の手線のようにグルグル町中を回ってるんだろう。

スマホ1台あれば便利な世の中になるのかなぁ。

 

私の仕事も、私そっくりのアンドロイドができて、

そば打ちなんかするようになるのだろうか。

 

私より旨い蕎麦を打ってしまったら、

仕事が奪われて寂しくなっちゃうんじゃないかな。

 

そうなったらユーチューバーにでもなって、

第二のピコ太郎にでもなるしかないな。

 

でも正直言うと、

肩が痛いんでアンドロイドに代わってもらいたいなぁ。

 

いつの日か暖簾に、

「アンドロイド打ち 今野屋」の文字が入る日が来るかもしれない(来ねーよ)

 

 

※店長ブログは基本的に「ぼやき」ですので、ご了承ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シェア
< 前の記事     一覧へ     後の記事 >

© 創業昭和元年 手打そば 今野屋

pagetop