創業昭和元年 手打そば 今野屋公式ホームページ|宮城県登米市

創業昭和元年 手打そば 今野屋|宮城県登米市
0220-52-2315
ホーム > 新着情報 > 店長ブログ > 蕎麦屋の生き方

蕎麦屋の生き方

こんにちは。

手打そば今野屋の店長です。

 

さて、こないだお客様から、

「そば屋さんのお仕事って結構キツイっすよね」って言われました。

 

おっしゃるとおり、

そば屋の仕事はけっこう身体にこたえるんですよねぇ。

 

特にそば打ちは、1日の半分のエネルギーを使うような感じです。

 

ある有名なそば屋のご主人は、

800m走を全力で走るのと同じくらいの疲労度だと言ってましたが、

自分は学生時代陸上部だったので、その経験上、本当にそのとおりだと頷きました。

 

でも、お客様から「美味しかったよ、また来るよ」なんて言われると、

疲れが飛んで幸せな気持ちになるこの頃です。

 

この幸福感、幸福度ってのが最近自分は大事なことだなって切に思います。

 

若い頃は、物欲が強くあれもこれも手に入れたい気持ちがあったのですが、

いまは、あれもこれもいらないっていうか、

断捨離に近い感じになりました。

 

川辺を散歩していて涼しい風や、太陽の光を浴びただけでも、

幸せな気持ちになります。

付け加え、美味しく食べれることも幸せ、健康のバロメーターだと、

自分に限って言えばそのように思います。

 

私は、しがない町のそば屋で、

細々とそばのように暮らしていく身の上なので、

他人との競争心もないし、

他人が最先端のものを持ってても自分が欲しくなければいらないっていう主義です。

 

私のなかで一番大事なことは、できるだけ他人とかぶらず歌舞くこと。

 

中学生時代もみんながピカピカの学生カバンを持つなか、

私だけ帆布のショルダーバッグで通いました。

後から同級生たちもまねしてたのを思い出します。

 

仕事上、どうしたら他店とかぶらないメニューができるかなんて、

いまも学生時代の気持ちが続いているようです。

 

さて、今年に入りアコギを始めました。

アコースティックギターです。

IMG_0790.JPG

仕事終わりの一杯ならぬ一曲の弾き語りです。

 

YouTubeを見ながらの独学ですが、

つまずきながらも弾けるようになりました。

 

複雑なコードは使わず、

簡単なコードでの弾き語りです♪

IMG_0791.JPG

 

あ、そうそう、ギターも健康にいいらしいとか。

まあそんな話はまた後ほど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シェア
< 前の記事     一覧へ     後の記事 >

© 創業昭和元年 手打そば 今野屋

pagetop